生活習慣病予防の料理紹介

更新日:2021年03月31日

人間の体を構成する筋肉や血液などは、日々の食事によってつくられています。食事によって体内に取り込まれた食べ物は、分解されたり合成されたりしながら、成長を促したり、健康を維持するために必要な成分に変わります。しかし、がんや糖尿病、脳卒中などの生活習慣病は、偏った食生活が大きな原因にもなります。毎日の食事を大切にして、バランスよく栄養を摂取することを心がけましょう。

 

手軽な時短レシピ

○塩分の取りすぎは、高血圧の原因になるだけでなく、腎不全、脳卒中、胃がん等様々な病気のリスクを高めるため、減塩を実践しましょう。

genen

○魚介類に多く含まれる脂肪酸は、適量を摂取することにより動脈硬化や心臓病を防いだり、血圧を下げたりする効果があります。缶詰等を上手に利用し、ひと手間加えて野菜も一緒にとりましょう。

サバ缶レシピ

○たんぱく質は健康維持に欠かせない栄養素の一つですが、たんぱく質をたくさん摂取しようとすると脂質も多く摂りがちです。脂肪分の少ない鶏むね肉や大豆製品がお勧めです。

チキンサラダ
この記事に関するお問い合わせ先

古河市 健康づくり課(成人保健係)
所在地:〒306-0044 茨城県古河市新久田271番地1
電話番号:0280-48-6883
ファックス:0280-48-6876
健康づくり課へのお問い合わせ