骨髄ドナー助成制度について

更新日:2020年11月30日

骨髄等の提供を行う人の経済的不利益等の補てんのため、助成を行います。

対象

次のいずれにも該当する人が対象です。

(1)公益財団法人日本骨髄バンク(以下「バンク」といいます。)が実施する骨髄バンク事業において骨髄等の提供を完了し、当該提供を証明するバンクが発行する書類の交付を受けた人

(2)骨髄等の提供時において、古河市に住所を有する人

(3)骨髄等の移植に関し、古河市骨髄等移植ドナー助成費交付要綱による助成費以外の助成を受けていない人

(4)ドナー休暇制度(名称を問わず、バンクのドナーとなるための休暇制度をいいます。)を設ける企業、団体等に所属していない人

(5)市税の滞納がない人

助成額

骨髄等の提供に係る次に掲げる通院、入院又は面接の日数に2万円を乗じて得た額とします。ただし、1回の骨髄等の提供につき14万円を限度とします。

(1)健康診断のための通院

(2)自己血貯血のための通院

(3)骨髄等の採取のための入院

(4)その他骨髄等の提供に関し、バンクが必要と認める通院、入院又は面接

 

(注意事項)

上記の通院又は入院は、骨髄等の採取術及びこれに関連した医療措置によって生じた健康被害のための通院及び入院を除きます。

助成までの流れ

助成の対象になる人には、申請書をご記入いただき、必要書類を添付のうえ健康づくり課あて提出していただきます。

審査のあと、助成の可否を決定します。

不明な点については、健康づくり課までご連絡ください。

ドナー登録について

ドナー登録については、

骨髄バンクHP

茨城県HP「骨髄バンクドナー登録」

をご覧ください。

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 健康づくり課(庶務係)
所在地:〒306-0044 茨城県古河市新久田271番地1
電話番号:0280-48-6882
ファックス:0280-48-6876
健康づくり課へのお問い合わせ