令和4年度・第15回「1ページの絵本」

更新日:2022年11月27日

応募作品の受付は終了しました。

大変多くのご応募をいただきありがとうございます。
これから選考作業に入ります。入賞作品の発表までしばらくお待ちください。

令和4年度・第15回「1ページの絵本」募集要項

古河出身の鷹見久太郎が創刊し、児童文学史に大きな足跡を残した絵雑誌『コドモノクニ』とその後継誌『コドモノテンチ』。当地に残る絵雑誌の絵に付する詩や物語を募集します。
今年度は第15回目という節目の年に当たりますので、賞の数を増やしております。

詳しくは募集要項をご覧ください。

令和4年度・第15回「1ページの絵本」募集要項↓

令和4年度・第15回「1ページの絵本」募集要項(PDFファイル:1.5MB)

応募期間

令和4年6月1日~9月10日(当日消印有効)

審査

次の選考委員により審査を行い入賞作品を決定します。審査結果については、11月中旬までに入賞者に通知するとともに、入賞作品は当ホームページに掲載します。また、古河文学館等で入賞作品展を行います。

<選考委員>

(1)一色悦子氏(児童文学者)

(2)沖ななも氏(歌人)

(3)金田卓也氏(大学教授)

(4)佐怒賀正美氏(俳人)

(5)山本十四尾氏(詩人)

応募規定

作品

  • 下の選択候補画につける詩・物語を創作してください。
  • 自作の日本語による未発表作品で、本文はタテ20字×ヨコ15行以内とし、タイトルを必ずつけてください。なお、タイトルはタイトル欄に記入してください。
  • 専用応募原稿用紙(募集要項の最終ページ)に縦書きで、万年筆・ボールペンなどではっきりと楷書で書いてください。鉛筆の場合はHB以上の濃いものを使用してください。複数の作品を応募される場合は、原稿用紙をコピーするなどして応募してください。
  • パソコン、ワープロ、Eメール等での応募は横書きも可としますが、1行:20字×15行以内に設定してください。なお、入賞の際には縦書きに改めさせていただきます。また、入賞作品掲載時などに、編集上やむを得ない改変を施すことがあります。ご了承ください。
  • 応募作品の返却は行いませんので、必要があればコピーを取っておいてください。また、応募作品に関する著作権は古河市に属するものとします。
  • 募集要項は上記からダウンロードしてください。

選択候補画

本田庄太郎 画

(1)本田 庄太郎 画

木俣武 画

(2)木俣 武 画

募集部門

  • 小中学生の部
  • 一般の部(高校生以上)

応募方法

  • 専用の応募原稿用紙に必要事項を記入し、郵送または持参してください。
  • 封筒の表紙に「1ページの絵本」と朱書きしてください。
  • Eメール、ファクスでの応募もできます。専用応募原稿用紙の場合はそのまま送信してください。パソコン、ワープロ原稿の場合は、本文とは別に、応募用紙に記入すべき事項をすべて記載したもの(任意様式で可)を必ず添付して送信してください。
  • ペンネームを使用する場合も、本名は必ず記入してください。なおペンネームを使用した場合は、入賞の際の賞状の名前、作品集・ホームページへの掲載もペンネームとさせていただきます。
  • 応募規定に違反する場合は、入賞を取り消します。
  • 他の児童文学賞や雑誌への同時応募・投稿は認めません。
  • 薄い、あるいは乱雑な文字で判読不能なものは審査の対象としません。
  • 応募料は無料としますが、郵送料等、応募に要する費用は応募者の負担とします。

各部門ごとに大賞1名・準大賞2名・入選10名・佳作6名および部門に関係なく選考委員特別賞若干名
      ※入賞者には賞状と記念品(図書カード・入賞作品集)を授与します。
      ※本年度は第15回記念として入賞数を拡大しています。

表彰式・入賞作品朗読会

日時:令和4年12月18日(日曜日)午前9時30分から
会場:コミュニティセンター出城ホール(古河文学館隣)

※新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、部門ごとの分散開催とします。
  
(詳細は令和4年度・第15回『1ページの絵本』入賞作品のページをご覧ください)
   また、状況によっては中止となることもありますが、なにとぞ、ご了承ください。

応募先・問い合わせ

古河文学館 〒306-0033 茨城県古河市中央町三丁目10番21号

電話 0280-21-1129 ファクス 0280-21-1135

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 文学館 
所在地:〒306-0033 茨城県古河市中央町3丁目10番21号
電話番号:0280-21-1129
ファックス:0280-21-1135
文学館へのお問い合わせ