飼い犬の登録と狂犬病予防注射

犬の登録

生後91日以上の犬は、生涯に1度登録が必要です。登録は担当課窓口へ申請してください。登録手数料として2,000円が必要となります。 登録をすると「犬の鑑札」が交付されますので、大切に管理してください。

狂犬病予防注射

狂犬病予防法により、生後91日以上の犬の所有者は、狂犬病予防注射を毎年1回受けさせることが義務付けられています。注射済みの犬には「注射済票」が交付されますので、必ず首輪等に取り付けてください。 予防注射は、毎年4月から5月にかけて集合注射を実施しますので、最寄りの会場(お住まいの地区)で受けてください。詳しくは広報等でご確認ください。 また、動物病院でも随時受けることができますが、その場合は獣医師が発行した「注射済証明書」を市役所担当窓口まで、手数料350円と一緒にご持参いただき、「注射済票」の交付を受けてください。

登録内容の変更

登録した犬の死亡、飼い主の氏名や住所が変わったときなどは、速やかに届け出をしてください。

野良犬の苦情

野良犬でお困りの場合は、茨城県動物指導センター(電話0296-72-1200)に直接相談してください。

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 環境課 
所在地:〒306-0198 茨城県古河市仁連2065番地
電話番号:0280-76-1511(代表)
ファクス:0280-76-1663
環境課へのお問い合わせ