消費生活センター相談事例・相談件数

更新日:2022年09月16日

相談状況(令和4年5月)

今月の相談事例・アドバイス

【相談事例】

大学に入学してまもない息子が、バイト代わりになり儲かるもの、とネットで検索した。儲かるFXシステムを販売しているサイトを見付け、ネットで注文した。代金の10万円は消費者金融から借金して払うよう業者から言われ、言われるままにした。儲かるはずもなくやめさせたいが、クーリング・オフはできるか。契約書には、購入した商品の返金には応じないと書いてある。                                                                                       

【アドバイス】

ネットで注文しているのでクーリング・オフはできず、応じないと契約書に書いてあるので返金は難しいと考えられます。さらに、民法改正で成人年齢が18歳となったので、18歳と19歳の人は未成年者契約取り消しができなくなりました。副業としてFXシステムを購入する事例は多数あり、消費者金融から借金して購入費用に充てるよう業者から言われたという相談も多く受けます。FXは難しい取り引きで投資に大金が必要となり、今後は業者からサポート費用を請求されることもあります。儲かるという副業には手を出さないことが賢明です。

相談件数と相談事例

相談事例

相談事例の紹介と解決のアドバイス

インターネット・スマホ (ネット・架空請求・IP電話・スマートフォン)

通信販売 (テレビショッピング、ネットショッピング、オークション)

訪問販売・電話勧誘

衣食住 (住まい・衣・食・家庭用品・電化製品・車等)

その他

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 商工観光課
所在地:〒306-8601 茨城県古河市長谷町38番18号
電話番号:0280-22-5111(代表)
ファックス:0280-22-5189
商工観光課へのお問い合わせ