消費生活センター相談事例・相談件数

更新日:2024年03月15日

相談状況(令和6年2月)

今月の相談事例・アドバイス

【相談事例】

2日前、消防署から委託されたと説明する業者が自宅を訪れた。自宅にある古い消火器は、使用期限が切れているので新しい消火器を購入すれば古い消火器を安価で引き取ると説明された。消防署から委託されていると言うので信用できる業者と思い込み契約をしてしまった。よく考えると新しい消火器は2万円と高額でおかしいと気が付いた。契約書をよく読むとクーリングオフについての記載がある。

【アドバイス】

訪問販売に該当するので契約書を受け取った日から8日間はクーリングオフが可能です。クーリングオフをするにはクーリングオフの通知(ハガキ)を郵送するかメールを送信します。ハガキを郵送する場合は、控え用のコピー(両面)をとってから簡易書留で郵送しましょう。メールの場合は、削除せず保存しておきましょう。今回のように、消防署から委託されたなどと公的機関と関係があるような嘘の説明で訪問されることがあります。すぐに信用せずに、まずは消費生活センターにご相談ください。

相談件数と相談事例

相談事例

相談事例の紹介と解決のアドバイス

インターネット・スマホ (ネット・架空請求・IP電話・スマートフォン)

通信販売 (テレビショッピング、ネットショッピング、オークション)

訪問販売・電話勧誘

衣食住 (住まい・衣・食・家庭用品・電化製品・車等)

その他

この記事に関するお問い合わせ先

古河市 商工観光課
所在地:〒306-8601 茨城県古河市長谷町38番18号
電話番号:0280-22-5111(代表)
ファックス:0280-22-5189
商工観光課へのお問い合わせ